2009年04月02日

ホノカアボーイ

こんにちは晴れ
昨日の予告どおり、今日は観てきましたよ〜『ホノカアボーイ』exclamation

今日は恵比寿にある恵比寿ガーデンシネマに行ってきました足
恵比寿ガーデンプレイスは広くて綺麗で本当に素敵な場所ですぴかぴか(新しい)ママも大満足黒ハート

『ホノカアボーイ』は、吉田玲雄さんの同名エッセイが原作本
大学を休学したレオが、ハワイのホノカアという小さな町で出会う人々との物語。

私はこの原作を読んだことがないのですが、きっと、原作のファンの方も、もちろん映画から観る人も、楽しめる作品だと思います。
なんて言うんだろう…最初から最後まで、優しくてやわらかい雰囲気に包まれた、観た後は心があったかくなるような、そんな映画でした揺れるハート

実はこの作品は、私の大好きなカメラマンの市橋織江さんの撮影なんですカメラ市橋さんは写真家さんなんですが、こんなに長編の映像を撮ったのは今回が初めて…のはず。私の勉強不足だったらすみませんあせあせ(飛び散る汗)

ひらめき
余談ですが、この映画を観た後は必ずおなかが空きますファーストフードなぜなら、映画の中にあったかくておいしそうなお料理がい〜っぱい登場するからぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
観終わったのがちょうどお昼どきだったので、そのままママとランチへレストラン映画に出てきたロールキャベツも気になったけど、おなかがペコペコだったのでとんかつをチョイス(笑)

『ホノカアボーイ』、ひとり映画にも、大切な人とのふたり映画にもオススメです☆☆☆☆☆
そしてきっと観た後は、おいしいものをおなかいっぱい食べて帰ってくださいね黒ハート

タグ:邦画
posted by 渋谷佑子 at 16:32 | 東京 ☔ | Comment(0) | 二人映画 | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿

開演まで余裕があったので、新宿高島屋でランチをしてレストラン再び映画館へ…映画

あんなに大きいシアターなのに、満席とはいかないまでもほとんど席は埋まった状態ダッシュ(走り出すさま)
『相棒』の人気がうかがえますねぴかぴか(新しい)

さてさて、この映画は言わずと知れたテレビ朝日の大人気ドラマ『相棒』のスピンオフ。
水谷豊さん演じる杉下右京と、寺脇康文さん演じる亀山薫、息ぴったりの「相棒」である二人の特命係が事件を解決していく私もママも大exclamationexclamation×2大好きなシリーズですが、なんと今回の主役はクールな右京さん眼鏡でも熱血薫ちゃんどんっ(衝撃)でもなく、六角精児さん演じる鑑識の「米沢守」サーチ(調べる)

いったいどんな映画なんだろう…?と期待半分揺れるハート、苦笑い半分たらーっ(汗)だったのですが、やっぱりあの『相棒』シリーズexclamation面白くないわけがないexclamation×2ぴかぴか(新しい)

『相棒‐劇場版‐』で狙われた東京ビッグシティマラソン、顔認証システムを駆使して犯人を探していた米沢守は、集まった人々の中に犯人だけではなく8年前に離婚届を残して出て行った知子の姿を見つけてしまう…。知子のアパートを訪れたことからひょんな事件に巻き込まれexclamation&question

相棒ファンなら絶対に楽しめる作品ひらめきあなたの「相棒」とのふたり映画にオススメです☆☆☆☆☆

タグ:邦画
posted by 渋谷佑子 at 23:55 | 東京 ☁ | Comment(2) | 二人映画 | 更新情報をチェックする

久しぶりに劇場へ!

お久しぶりですexclamation×2
今日は本っっっ当に久しぶりに映画館へ行って映画を観てきました映画目
なんと3月4日以来…今月はまだ2本目手(チョキ)ですあせあせ(飛び散る汗)
こんな映画ブログを書いている人間にあるまじき事態パンチ爆弾
先月はあんなにいっぱい観たのにもうやだ〜(悲しい顔)うぅあせあせ(飛び散る汗)

…って悔やんでいても仕方ないですよねあせあせ(飛び散る汗)
でも映画館へ行くとやっぱり映画を観たい気持ちが盛り上がりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
だって予告編はものすご〜く心をくすぐるし揺れるハート
"coming soon"のポスターもい〜っぱい貼ってあるしぴかぴか(新しい)

今日のふたり映画のお相手は、自慢のママでするんるん
『ホノカアボーイ』が観たいというママのご希望に応えようと新宿バルト9へ…電車

ところがexclamation×2
さすがは日曜日、お花見も人気ですがかわいいやっぱり映画も魅力的ですよねカチンコぴかぴか(新しい)
開演時間の1時間以上前に行ったのですが残念ながらお目当ての『ホノカアボーイ』は最前列数席を残して売り切れ…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
せっかくのママとのデートなのに見づらいと残念バッド(下向き矢印)
ということで、急きょ予定を変更し、ママの大好きなテレビドラマ『相棒』シリーズの『鑑識・米沢守の事件簿』を観ることに(笑)
ママ大喜びです(笑笑)
もちろん昨年公開された『相棒‐劇場版‐』も、昨年ばっちりママと観ました(笑笑笑)

『鑑識・米沢守の事件簿』は現在バルト9の中でも一番広い、座席数429席のシアター9で公開中なので、まだまだこの時間では空席数も余裕るんるん
やっぱり指定席制の映画館は先にチケットを購入しておくと心にも時間にもゆとりが持てていいですね時計


posted by 渋谷佑子 at 23:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | 二人映画 | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

余命A

『余命』を観てひとつ気づいたというか、考えてしまったことがあって。

それは、『余命』というタイトルについて。
正確にいうと、タイトルというより「余命」という呼び方、日本語について。
こんなところで日本語について語っても仕方ないかもしれないですけどあせあせ(飛び散る汗)

“余”命って、おかしくないですか??
余ってないですよね?余った命なんかじゃないですよね?
いのちにあまりなんか、ないですよね。

人生に残された、とても貴重ですごく愛おしい時間のことを「余命」と呼んでしまうのは、どうなのかなって…

まぁ、だったらなんて言えばいいんだよって話になっちゃいますけどあせあせ(飛び散る汗)

でも、映画を観終わった瞬間、ママが言ったんです。
私「(映画)よかったね。」
ママ「そうだね。でもさ、“余”命じゃないよね。」

身内自慢のようで恐縮なんですが、うちのママはすごく感受性が豊かでかわいいひとなんです揺れるハート
たとえばときどき東京に遊びにくると、私の家までの帰り道に、「この家のお花キレイに咲いてるねかわいい、きっと庭いじり好きなんだね家」とか、「あの壁の落書きどういう意味かな」とか、私が毎日見ていて気にも留めなかったようなことに興味を示したり指摘したり。
いろんな物事に対していっぱいアンテナを持っているようで位置情報
そういうところをすごく尊敬していますぴかぴか(新しい)
…って単にマザコンなのかもexclamation&question

とにかくあせあせ(飛び散る汗)
ママと二人でじゃあ「余命」じゃなかったら何だろう??と考えたりしてダッシュ(走り出すさま)

「残命」?
残りわずかな命だから「少命」??などいろいろ…

そこで思いついたのが「与命」ひらめき
読み方は「よめい」とそのままですが、“与えられた”命。
我ながらいいアイディアかとひらめきひらめきひらめき

広辞苑に採用いかがでしょうか?本


タグ:劇場 邦画
posted by 渋谷佑子 at 01:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | 二人映画 | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

余命@

今日はドキドキ揺れるハートバレンタインデー黒ハート
徹夜夜で手作りチョコに挑んだ女のコや、緊張で眠れなかった男のコも多いのではexclamation&question

街がたくさんの幸せそうなカップルムードでいっぱいだった今日、私もふたり映画を楽しんできました手(チョキ)ハートたち(複数ハート)

お相手は…ママと黒ハート

今週末はママが田舎から上京してきていて船
親子そろって大の映画好きなので、ふたり映画を堪能してきました映画目ぴかぴか(新しい)

今日観たのは『余命』。
a1fa80a7.jpg

結婚10年目にして、待望の妊娠。
でも、その直後に乳がんが再発。
出産と治療は両立できません。
目の前には2枚のカードハートスペード
がんの再発は誰にも言わず、赤ちゃんを産むか。
おなかの赤ちゃんをあきらめて、がん治療に専念するか。

彼女の選択は…「おなかの子にも、この綺麗な夕日霧晴れ霧を見せてあげたい。」

母は強いなと、改めて思いました。
私は、この映画をママと観ることができて、本当によかったと思っています。

それから、この映画を観て初めて知ったことがたくさんありました。
私が無知だったのかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)
たとえば、お母さんの体ががんに侵されていても、胎盤に守られてがん細胞はけっして赤ちゃんを攻撃することはできないんだそうです。
また、私はがんというのは目に見えない、体の中で進行していく病気だと思っていたのですが、乳がんは腫瘍が胸の表面に出てきて、赤く腫れて膿が出てきてしまうのだとか…。

映画館のお化粧室には乳がん検診のすすめと、セルフチェックの方法のポスターが貼ってありましたトイレ
女性なら誰でもかかりうる乳がん。
自分と自分の大切なひとを守るために、セルフチェック、しなくちゃですねリボン



タグ:劇場 邦画
posted by 渋谷佑子 at 23:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | 二人映画 | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ベンジャミン・バトン〜数奇な人生〜A

1006050.jpg人は生まれたときは赤ちゃんで、成長して年をとっていく…時計end
これが普通の人生ですよね。
でも、ベンジャミンは生まれながらに老いていて、少しずつ若返っていく…まさに「数奇な人生」ですスペード

主演はブラッド・ピットとケイト・ブランシェット。
ケイト・ブランシェット演じるヒロインのデイジーがこれまた本っっっ当に美しいぴかぴか(新しい)思わずため息がダッシュ(走り出すさま)

でもこの映画、予告編やテレビのCMを見て私がなんとなく想像していたストーリーとは、ちょっと違いました。
なんて言うのか…てっきり二人は時の刻み方は真逆でも、生まれてから死ぬまでずっと一緒に過ごしていくのかと思っていたのですが、ベンジャミンは17歳(肉体的には80−17で63歳?)のときに家を出ていきます。デイジーはデイジーでニューヨークやパリでダンサーとして活躍して…二人が一緒に過ごす時間は、実はあんまり長くないんですね。
それでも、この二人はお互い「運命の相手」なのです。

私は友達と一緒に観たので、「ふたり映画」のカテゴリに入れてありますが、これはどちらかというとひとり映画におすすめしたい映画ですね映画

ひとり映画度 ☆☆☆☆

です目
あんまりデートムードやカップル向けの映画ではないかな…って気がします。
あ、でも長く付き合ってる二人や年輩のご夫婦にはオススメひらめき
あくまでも私の独断と偏見ですがあせあせ(飛び散る汗)
上映時間も予告含めて約3時間と長いので、じっくり観てじっくり考えてみたくなる映画ですカチンコ

ちなみに、この映画の最大のメッセージではないのかもしれませんが、私は「変わるのも変わらないのも自由なんだ」というセリフが一番心に残りました揺れるハート
今ここにいる自分、それを変えるのも、しばらく立ち止まってそのままにしておくのも、すべては自由で自分次第なんだなと、そんなことを考えた週末でした時計


タグ:劇場 洋画
posted by 渋谷佑子 at 01:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | 二人映画 | 更新情報をチェックする

ベンジャミン・バトン〜数奇な人生〜@

こんばんは夜
今日はキレーな満月ですね満月
みなさんは楽しい週末を過ごせましたか??

今週末は映画がい〜っぱい公開されましたねひらめき
長瀬智也さんと福田麻由子さん主演の『ヘブンズ・ドア』ぴかぴか(新しい)
私の大好きな中島哲也氏脚本の『ララピポ』ハートたち(複数ハート)
そしてあの『MAMMA MIA!』に続いて公開のミュージカル映画
『ハイスクールミュージカル』exclamation×2

そんな話題作満載のこの週末、私がチョイスしたのは
『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生〜』ですスペード

お友達の清ちゃんと一緒に観に行ってきました目
今回はちょっと遠出して、なんと横浜で霧
桜木町にある、ワールドポーターズ横浜5階の
ワーナー・マイカル・シネマズ みなとみらいですぴかぴか(新しい)
さすが週末の横浜あせあせ(飛び散る汗)って感じで映画館も混み混みでしたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
ここは座席指定なので、もし映画を観るつもりなら週末や祝日は先にチケットを購入しておくことをオススメします手(チョキ)
ちなみにこれは個人的な好みもあると思いますが、映画館での席は絶対に後方がオススメるんるん
私は後ろから2列目の一番端で観ましたが、後方なら端でも全然見づらさは感じません目決定
(特にこの映画館は端でも見やすいんですグッド(上向き矢印)
逆に最前列はどうしても目が疲れてしまうのでオススメできません…ふらふら
もし「残席少」のチケットを買うとき、前方の真ん中か後方の端なら後方をチョイスしてください手(パー)

さて、80歳で生まれて若返っていくベンジャミン。
果たして彼の運命とは…??

タグ:劇場 洋画
posted by 渋谷佑子 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(1) | 二人映画 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。