2012年07月05日

国会事故調査、ついにNHKも人災と報道する

NHKも国会事故調 “明らかに人災”と報道

あのNHKもついに動き出しました。今までいろいろな話題が原発事故は問われいました。被爆の問題、食べ物の問題、事故の問題など多岐にわたります。さらには電気が足りているにもかかわらず計画停電をしたあらゆるところで検証され国民の怒りは頂点にたっしているのかもしれない。
被災した人々の立場にたって事故対応、責任の所在がさらに問われている。そこで【東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)】は立ち上がり今回は調査結果として“明らかに人災”と発表。取材・報道するメディアのNHKも今回は“明らかに人災”と報道した。

NHKの記事を見てみよう。


東京電力福島第一原子力発電所の事故原因などの解明に取り組んできた国会の原発事故調査委員会は、5日、報告書をまとめ、衆参両院の議長に提出しました。
報告書は、歴代の規制当局と東京電力の経営陣の安全への取り組みを批判し、何度も事前に対策を立てるチャンスがあったことに鑑みれば今回の事故は「自然災害」ではなく、明らかに「人災」であるとしています。

国会の原発事故調査委員会は、5日、国会内で20回目の委員会を開いて、641ページにおよぶ報告書を取りまとめ、黒川委員長が横路衆議院議長と平田参議院議長に提出しました。
報告書では、今回の事故について、歴代の規制当局と東京電力の経営陣がそれぞれ意図的な先送り、不作為、または自己の組織に都合の良い判断を行うことによって、安全対策が取られないまま3月11日を迎えたことで発生した。
何度も事前に対策を立てるチャンスがあったことに鑑みれば、今回の事故は「自然災害」ではなく明らかに「人災」であるとしています。
また、事故当時の総理大臣官邸の対応について、発電所の現場への直接的な介入が現場対応の重要な時間をむだにするだけでなく、指揮命令系統の混乱を拡大する結果となったなどと指摘しています。
そして、国民の健康と安全を守るために規制当局を監視する目的で、国会に原子力の問題に関する常設の委員会を設置すべきだと提言しています。
一方、事故の直接的な原因について、報告書では、「安全上重要な機器への地震による損傷がないとは確定的に言えない」として、津波だけに限定すべきではないと指摘するとともに、特に1号機については、小規模な配管破断などが起きて原子炉の水が失われる事故が起きるなど地震による損傷があった可能性は否定できないと指摘しています。
そのうえで、未解明の部分が残っており、引き続き第三者による検証が行われることを期待するとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120705/t10013358641000.html




あの日を経験した者は忘れない。大量被爆を出した政府の報道、『ただちに影響はない』含めてこの問題はまだ収束はしていない。野田首相は、収束宣言を出したが実際は違うのである。

人気ブログランキングへ目
いろいろな映画に関する情報があります黒ハート
posted by GUEST at 19:27 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北関東大震災・福島第一原発事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。