2009年03月04日

悲夢〈ヒム〉

あいにくの雨雨となってしまったその名のとおりの雨雨曜日、でも水曜日といえばひらめき忘れちゃいけないレディースデーリボン

今日は何を観ようかな…?
迷った結果、今日は前から観たかったオダジョーの『悲夢』をチョイスexclamation
新宿武蔵野館で公開中カチンコ
新宿駅から直結で行けるので雨にも濡れないしるんるん
ってだから選んだわけじゃないですよexclamation&question雨あせあせ(飛び散る汗)
ほんとに前から観たかったんです目

日韓の才能の奇跡のコラボレーションぴかぴか(新しい)
これは気になりますよね黒ハート
韓国の奇才、キム・ギドク監督×オダギリジョーさん主演の映画です。

オダジョー演じるジンが夢で見た出来事が、ヒロインのランの身に現実に起こってしまう…。
二人の運命は複雑に交錯していきます。ジンが夢で交通事故を起こせば現実世界ではランが交通事故を起こしどんっ(衝撃)車(セダン)、ジンが恋人を殺す夢を見れば現実にはランが…exclamation&question
しかも「僕を捨てた彼女失恋」を忘れられず恋い焦がれるジンが見る夢は、ランにとっては「私が捨てた男パンチ」に会いに行くという皮肉な現実をもたらします。絡み合った二人の夢と現実、その結末は…?

個人的には、すごく好きな映画でした。ちょうどこんな雨の日雨に、ひとりで観るにはうってつけな感じの。
観る人によって、いろいろな解釈ができる作品だと思います。

ちなみにひらめき
ストーリーとは関係ないのですが、この映画には特殊(?)な点がひとつexclamation
なんとこの作品の中では、オダジョーだけが日本語を話し、他のキャストは全員韓国語でしゃべります。そして、それが当然のように通じているのだからびっくりexclamation×2最初こそ違和感がありましたが、ストーリーにのめりこんでいくうちに気にならなくなりました。
でも、違う言語同士で会話を成立させ、そのままにしてしまうなんてあせあせ(飛び散る汗)
さすが「奇才」と呼ばれる監督の作品だけありますねひらめき






人気ブログランキングへ目
いろいろな映画に関する情報があります黒ハート
タグ:劇場 邦画 洋画
posted by 渋谷佑子 at 22:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | レディースデー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。