2009年02月23日

彼女の名はサビーヌ

こんにちは。今日は冷たい雨雨の一日でしたね台風
さっき天気予報を見たところ、今週は週末までずっとすっきりしないお天気が続くみたいで…テンション下がっちゃいますバッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

でもでもexclamationそんな今日も雨にも負けず、映画を観てきました目ぴかぴか(新しい)
今日観たのは『彼女の名はサビーヌ』。
現在渋谷のUPLINK Xで公開中の、いわゆる単館系の映画です。
渋谷の映画館にはいっぱい行っているつもりの私ですが…実はこの映画館は初めて。すごくちっちゃな映画館で、座席も40席ほど。スクリーンが近く、座席も傾斜とかがあるわけではないのでちょっと画面は見づらいですがふらふらでも枠にとらわれない様々な映画を公開している魅力的な映画館ですぴかぴか(新しい)

さて、今回観た『彼女の名はサビーヌ』は、私にしてはめずらしくドキュメンタリー映画です映画フランスの女優サンドヌール・ボネールが自閉症の妹を撮ったドキュメンタリーカチンコサビーヌ、というのがその妹の名前です。

自閉症というわずかなハンディを持ちながらも、家族に愛され、明るく美しく、はつらつとしていたサビーヌが、5年間の入院により別人のように変わってしまう…かつてのサビーヌと、退院後の彼女のギャップにはただただ驚くばかりでした。
パンフレットの映画評にもありましたが、「入院前のあの少女と、現在のサビーヌが同一人物だということがどうしても信じられない」くらい、彼女は変わってしまいました。

5年間の入院生活で一体何があったのか、その具体的な様子は映されていません。けれど、姉であるサンドヌールの静かな怒りが込められている映画でした。

あまり観ないジャンルの映画で、なかなかコメントが浮かばないんですが…あせあせ(飛び散る汗)すごく、考えさせられる作品だったと思います。

ひとり映画に、是非☆☆☆☆☆。


人気ブログランキングへ目
いろいろな映画に関する情報があります黒ハート
タグ:劇場 洋画
【一人映画の最新記事】
posted by 渋谷佑子 at 19:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | 一人映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。