2012年07月05日

国会事故調査、ついにNHKも人災と報道する

NHKも国会事故調 “明らかに人災”と報道

あのNHKもついに動き出しました。今までいろいろな話題が原発事故は問われいました。被爆の問題、食べ物の問題、事故の問題など多岐にわたります。さらには電気が足りているにもかかわらず計画停電をしたあらゆるところで検証され国民の怒りは頂点にたっしているのかもしれない。
被災した人々の立場にたって事故対応、責任の所在がさらに問われている。そこで【東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)】は立ち上がり今回は調査結果として“明らかに人災”と発表。取材・報道するメディアのNHKも今回は“明らかに人災”と報道した。

NHKの記事を見てみよう。


東京電力福島第一原子力発電所の事故原因などの解明に取り組んできた国会の原発事故調査委員会は、5日、報告書をまとめ、衆参両院の議長に提出しました。
報告書は、歴代の規制当局と東京電力の経営陣の安全への取り組みを批判し、何度も事前に対策を立てるチャンスがあったことに鑑みれば今回の事故は「自然災害」ではなく、明らかに「人災」であるとしています。

国会の原発事故調査委員会は、5日、国会内で20回目の委員会を開いて、641ページにおよぶ報告書を取りまとめ、黒川委員長が横路衆議院議長と平田参議院議長に提出しました。
報告書では、今回の事故について、歴代の規制当局と東京電力の経営陣がそれぞれ意図的な先送り、不作為、または自己の組織に都合の良い判断を行うことによって、安全対策が取られないまま3月11日を迎えたことで発生した。
何度も事前に対策を立てるチャンスがあったことに鑑みれば、今回の事故は「自然災害」ではなく明らかに「人災」であるとしています。
また、事故当時の総理大臣官邸の対応について、発電所の現場への直接的な介入が現場対応の重要な時間をむだにするだけでなく、指揮命令系統の混乱を拡大する結果となったなどと指摘しています。
そして、国民の健康と安全を守るために規制当局を監視する目的で、国会に原子力の問題に関する常設の委員会を設置すべきだと提言しています。
一方、事故の直接的な原因について、報告書では、「安全上重要な機器への地震による損傷がないとは確定的に言えない」として、津波だけに限定すべきではないと指摘するとともに、特に1号機については、小規模な配管破断などが起きて原子炉の水が失われる事故が起きるなど地震による損傷があった可能性は否定できないと指摘しています。
そのうえで、未解明の部分が残っており、引き続き第三者による検証が行われることを期待するとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120705/t10013358641000.html




あの日を経験した者は忘れない。大量被爆を出した政府の報道、『ただちに影響はない』含めてこの問題はまだ収束はしていない。野田首相は、収束宣言を出したが実際は違うのである。

posted by GUEST at 19:27 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北関東大震災・福島第一原発事故 | 更新情報をチェックする

TWITTER(ツイッター)で呼びかけ合ったデモが凄いことになっている。

TWITTERで呼びかけたデモが3.11以降に凄いことになってる渋谷。渋谷だけではなくていたるところで【原発】の阻止を主張している。世界の原発事故ではチェルノブイリを学ぶことができた私たちは福島原発でそのようなことが起きてしまった。そして汚染された地域に住む人々が今もいる。それは映画でも表現されており映画館でも放映されている。もちろん、書籍でも人から聞く話でもある程度、関心を持った方々から情報収集は可能だ。インターネットでたくさん検索しても動画、記事はたくさん出てきます。

そこでデモとは何か?ということです。これは運動ですから社会的には表現の自由ということで参加する方々、主催する方々は自己表現ということではないであろうか。その運動によっても主催者ごとに表現の仕方もバラバラである。デモというと【怖い】なんて思うこともあるかもしれませんが、または、それをしたところでどうなるのか?など考える人もいるかもしれない。しかし、世論が与える政治への影響というのはどうであろうか。

今、福井県大飯町では大飯原発というのが再稼働してしまった。福島第一原発の事故があり原子力エネルギーというのが必要なのか、どうなのか。というのが散々とテレビではあまり報道されなかったが、市民メディア、インターネットではたくさんの専門家の情報が得ることができる。

東京電力という企業が何をしていたのか?放射能汚染はどうなのか?本当に深刻な日本経済ではないだろうか。この目に見えない放射能の人体に関しての影響は福島第一原発の事故を経験した当事者の私たちは考えるきっかけを得た。そして考えた。そして反原発のデモが各地で起きているのです。

映画はドキュメンタリーであったりして映像で伝えている作品もある。
そして、それを観て個々に観た人が知識をどんどん深めていく、熟知していくのである。
そのようなことでデモというのが表現の場としてあるのではないであろうか。

海外では市民運動が盛んになり脱原発ということを達成した国もある。

日本は大飯原発が再稼働してしまった。

メディアの影響というのはあると思うほうですし今後本当にしばらくは問われて頭から離れないことになってくるのかもしれません。
話をもどり"TWITTER(ツイッター)で呼びかけ合ったデモが凄いことになっている。"ということですがYOUTUBEでの動画。



首相官邸前




渋谷明治通り



こんな音楽のデモありますね。




posted by GUEST at 05:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北関東大震災・福島第一原発事故 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。